【地元割】値段だけじゃ分からない、使い勝手の良さが◎

Q.地元空港を利用してお得なのが「空港利用助成制度」……ですが、航空会社を利用して地元の人がお得なのは何でしょう?

A.あまりにもそのまんまで、クイズにするほどではないですが「地元割引運賃」や「離島住民割引」です。

 「割引運賃」といっても、先に言っておきますと、お得に使うにはちょっとコツが必要かも。

というのも、単純に値段だけで比較すると早期購入の方が安い場合があるから。でも、マイルの積算率が高かったり、普通運賃同様に当日予約や予約変更ができたりと使い勝手がよく、マイルを貯めている人や時間の読めないビジネスマンは重宝するはずです。

まず、地元割引運賃を設定しているのが、黒い機体がかっこいいい九州を拠点とするスターフライヤーです! 同社の「スターQ割」というのが、それ。「スターQ割会員」に登録した方のみの限定運賃で、最大約16%の割引です。もちろん、当日予約や予約変更もOKで、使い勝手もよく、STAR LINKのマイルを効率よく貯められます。

登録できるのは以下のような方で、範囲が広いのもうれしいところです。
A.福岡県、山口県、大分県、佐賀県、熊本県に在住もしくは本籍を有する方
B.福岡県、山口県、大分県、佐賀県、熊本県に2親等以内の親族が在住する方
C.勤務地の所在地が、福岡県、山口県、大分県、佐賀県、熊本県にある方(例えば、東京都内に本社があり、上記地域にある支店に勤務の方も対象。ただし、本社が上記地域にあり、これ以外の地域に勤務している場合は対象外) 
 
一方、北海道を拠点にし、ほんわかしたイメージのエア・ドゥも「道民割引」を実施しています。こちらも「道民会員登録」をした人限定で、当日予約や予約の変更もOKです。

「道民会員」を作れる対象は、以下のとおり。
A.北海道在住の方
B.北海道に本籍を有している方
C.本社所在地が北海道の企業に勤務する方
(「道民カード」所持者の配偶者や二親等以内の親族が、カード所持者と同一便に搭乗する際も「道民割引」で乗れます)

特定路線に利用できる「離島住民割引」

JAL系のエアラインでは「離島割引」を用意。島根県、鹿児島県、沖縄県で発行される「島根離島航空割引カード」「鹿児島県離島航空割引カード」「沖縄県離島住民割引カード」を所持していれば、適用路線で利用可能。マイルの積算率は、普通運賃と同じ普通席:100%、クラスJ:110%でしっかり貯まります。

同様にANAでは、長崎県離島振興協議会が発行する「長崎県島民航空カード」、沖縄県が発行する「沖縄県離島住民割引カード」を所有している人を対象にした「アイきっぷ」が用意されています。こちらのマイル積算率も100%で、普通運賃と同じです。

また2015年3月までの期間限定ながら、天草エアラインは天草地区在住者を対象にした「天草住民誕生月は“よかよ割”」を実施。搭乗者と同行者1名が、天草ー福岡間5000円に!

地元割引を使う使わないは、もちろん自由! でもいざというときにいつでも使えるよう、離島住民割引カードの申請だけは忘れずに!

地元割引は、就航地が限定されますが、もっと飛行機の世界が広がるのが「乗継割引」。飛行機を乗り継げば、遠いと思っていたあの観光地、名勝地がグッと近くになりますよ。